随時更新中! 書展・本の出版・新聞掲載・テレビ出演と活躍する ダウン症の女流書家 金澤翔子さん を紹介するページです




トップページへ
このサイトへのリンクは自由です。左のバナーお使いください。
リンクされましたら、メールでの連絡をお願いします。

このサイトは、ダウン症の女流書家、金澤翔子さん が通われていた、パソコンスクールが運営しております。

翔子さんの書く「書」は、彼女のまっすぐな心とパワーがズンズンつたわってくる、感動の「書」です。
毎回、いろいろな作品を見て、不思議な感覚ですが、なぜかうるうるします。なぜでしょう。
ぜひ個展等で作品をご覧下さい。
遠方でごらんになれない方に、雰囲気だけでも伝えようとこのサイトを運営しております。

個展の受付が大好きで、始まるまでは「毎日受付をする」といつも張り切っています。
実際に笑顔で受付の応対をしてくれます。受付をしたいが為に、書いているのかなと思うほど。

また、オフタイムの翔子さんも笑顔のかわいい女性です。こちらもぜひビデオでご覧下さい。
 このサイトのビデオは一時ファイルにいったんダウンロードしてからとなり、再生に時間がかかります

同じような天使を授かった親御さんは大変でしょう。
外に出て行って、そのお子さんが誰かのために出来ることを見つけてあげれば、きっと光り輝く天使になれると、
翔子さんを見ているとそう思います。
簡単ではないと思いますが、何かしら出来ると思います。

未来に輝く希望になるために、翔子さんの活躍を紹介したいと思います。

お母様の泰子さんから、「将来の楽しみのためにもパソコンを」と、いうお話で、「どうなるかわからないですが、とりあえずやってみましょう」と、はじめました。

学校で少しmacを習ったらしく、基本の操作は大丈夫ですが、私がWindowsしか知らないのでマウスになれるゲームからはじめました。

週1回のペースで来ていましたが、始めてから何回かは、こちらから教える内容はやるのですが、全くじゃべらないで帰って行くのが続きます。
見知らぬ人とのコミニケーションがとりずらいみたいです。

だんだんなれてきて、ほんの少ししゃべるようになりました。
はじめ、しゃべっている意味がかなりわからないことがあるので、ぜんぜん進みません。
「こういうこと?違うの?こういうこと?違うの?う〜〜ん。翔子さんのいっていることはわからない」と、何回もやりとりしました。

お互いにどう話したらコミュニケーションが取れるか考え、やっているとだんだんわかるようになります。完全ではありませんが。
将来翔子さんが一人になった時のことを考え、書展や、取材、講演会等でドンドン外に出て、半ば強制的に他人の中に入っていくように、お母様が仕向けていましたので、初めての方とのコミニケーションもとれるようになっていったと思います。

そのうち、進み具合は加速度を増してきます。もともと器械ものには強いらしく、どんどん覚えていきます。

動画の検索を教えたのが、間違いでした、かな?
セーラームーン、モーニング娘、マイケルジャクソンなど・・・・・・・
ドンドン検索し、ドンドンのめり込んでいきました。次の予約の方が来るので「終わりにしようね」と言っても「大丈夫だよ」と言って帰ろうとしません。しょうがないので、ちょっと強く言うと、プイッと帰って行きます。あとで誤りのメールが来ますが。
まあそのおかげで、公の場でモーニング娘やマイケルに合いたいといったようなことを言い続け、きっちり実現?させているのはすごいですが。モーニング娘の看板のタイトルも書きましたし、ニューヨークでマイケル?とのダンスの競演もやりましたし。

お母様の泰子さんに教えるといっているほど。
iPhoneやiPadも使えるようになりました。

初めて「金スマ」で紹介されたとき、このサイトへ15,000アクセスぐらいあったらしく、放送後30分間表示されない事態も発生しました。

さて今後翔子さんは、どうなっていくのでしょうか。
私個人の予想ですが、
・東京オリンピック、パラリンピックの開会式で揮毫のパフォーマンスを披露
 (すでに東京国体では、国体の開会式で夜は普通やらない、まさに東京オリンピックの予   行演習のようなパフォーマンスをやったので)
・翔子さんの物語が映画化される(すでにドラマ化はされたので)
というところでしょうか
翔子さんとかかわってきた私にとって、こうなるとうれしいのですが